<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 人として軸がブレている | main | コスプレ準備日誌(始動編) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

コスプレ準備日誌(動機編)

以前のエントリーから「コスプレ」という単語がちらほら出てきて試着するとかいう話もしたので、
お気付きの方はいらっしゃるでしょうが、近々某イベントにてコスをする予定でいます。

本当に何年ぶりか自分でも覚えていないくらい久々なのですが、再燃してしまったからどうにもならない。

何のコスをするかって、そりゃもうバレバレかと思いますが……
私を悟史の境地に到達させた(なんじゃいそりゃ)悟史くんです。


某ひぐらし中心オンリーイベント…あぁ、もう面倒くさいのでバラしちゃいますが
ひぐらしのつどい・3」に今回参加したくて、でもただの一般参加じゃつまらないし何かしておきたい…という事でコスが思い浮かんだのです。

いきなりコスかよ!と思われるかも知れませんが、素で参加するのってかえってビビったりするもんなんです。
引き連れて行けそうなひぐらしファンも現時点では居ないですし、一人で飛び入りすると
知り合いも居ないのに、私ってここに居ていいんだろうか…」と弱気になります。

更に参加する時間が遅れれば下手すれば早々に撤収しているサークル様がいらっしゃったりして、
もう何の為にここに来たのか分からなくなってきます。
ましてそれが本命だったりしたらShock&Down!
心なしか「今頃何の用だコノヤロー」という冷やかな視線で見られている気もします。

気のせいなのかも知れません。
残部はないにも関わらず、わざわざ作品をメールの添付ファイルで送って下さった心優しいサークル様まで居られました。
居場所が掴めずぽつねんとしている私にイベントに参加するよう声を掛けて下さったりする方もしました。

ですが…独りで参加してそんな疎外感を経験したことがかつてあります。


そこでコスなのです。
コスをすればレイヤーとして「自分も参加している!」と自覚が持てます。
更に他参加者様との交流のきっかけにもなります。
独りというのは確かに勇気は要りますが、怖いのは最初だけ。
素敵様を見付けたら

詩音さん、よかったら写真撮らせてくださ〜い♪
一緒にこんなポーズで撮らせて頂いてもいいですか?
すごい似合っていて可愛い沙都子ですね!なでなでしてもいいですか?
あっ、私はこういう者なんですけど…(名刺を差し出し)他のイベントでもこのコスをしているのでもし見掛けたら気軽に声掛けてやってくださいne☆

なんて感じで声を掛け合い気軽に親睦を深めることができるのですよ。んっふっふ。


更にオンリーイベントならば、他のコスイベントやコミケのような規模の大きいイベントでちょっとコスをしてみたという程度でははなく、
少なくともオンリーに参加する程度にその作品を愛している方々が集まっていらっしゃいます。
ひぐらし友達を作る絶好のチャンスでもあるのです。
その為のオンリーイベントですから。


もちろんレイヤーの集まりではなく、あくまで即売会なのでその辺を履き違えてレイヤーだけで騒いだりすることのないように。

参加サークル様方の中には(もちろん他のレイヤー様方にも言えますが)
私の悟史くんのイメージを崩壊させるなコンチクショー!!
などと心の中で叫んでおられる方もいらっしゃるかも知れませんが、
愛する余りやっちゃいました☆
という気持ちが伝わってくれば同じ作品を愛し、それぞれ愛するキャラを表現するファンという点で同志なので大抵は許容してくれます、多分。


何はともあれ、自らイベントに参加する意欲を示す事、積極的に交流のきっかけを作る事、そして愛するキャラを自分なりに表現しなりきって楽しんじゃう事。

その点でコスをする事が有効だという考えに至ったわけです。


気が付いたら今回コスをする動機を書いただけで長文になってしまいましたので、その後の経緯や準備のお話はまた後程。



(・3・)<あるぇ〜?前回メモしたネタから見事に外れているよ?


にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
▲オタク、メンタルヘルス系ブログ集結!押して下さると励みになります
* コスプレ * 19:15 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:15 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ