<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 関心空間 | main | 【復活】スイーツ(笑)さん的日記 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

私とゲームとの出会いについて。

さて、mixiで2300HITをゲットしたDa-man氏のリクに応えてお題いきます。
私とゲームとの出会い…何だかお題を見るだけでアツくなってきます。

私には6つ上の兄がいます。
兄は団塊ジュニアなのでファミコン導入期の頃からゲームを知っています。
そんな兄が居たので私は物心ついた頃からゲームに触れていました。
ゲームウォッチだってやっていました。
ディスクシステムなんて分からんだろう、今時の青少年よ!はっはーん(何を得意がっているんだか)。

そんなわけで我が家には気が付けば当たり前のようにゲームがありました。
だから一番最初の出会いを語るのは記憶にないので難しいですが、はじめてプレイしたゲームなら今でもよく覚えています。
それはスーパーマリオブラザーズ
私の親友が今でも世界一面白いと断言している、あの社会現象を巻き起こしたゲームです。
兄がプレイしているのをずっと傍らで見ていたのですが、ある時
「やってみるか?」
と言われたのです。
私は嬉々としてコントローラーを受け取りました。
落ち着いてやりゃできる!(ラピュタ)
などと言われることもなく1-1をプレイスタートしました。
十字キーでマリオを直進させ…
(ご存知の通りこのゲームは右方向にしかスクロールしません。)

♪チャチャッチャッチャチャッチャッ

あぼん。


最初に出てくるクリボーにそのまま直撃して死亡しました。
これが私の最初のゲーム体験でした。
なす術なくやられてしまったわけですが、その時のインパクトは今でも鮮烈に残っています。
何てゲームは面白いんだ!
そう思いました。
それからゲームにハマるまではあっという間でした。
思えばあれがオタクへの入り口だったんだなぁ。
ハマるとどっぷりのめり込む性質は昔から変わりません。

出会いそのものはありふれていたかも知れませんが、ゲームが私に与えた影響は量り知れません。
おかげで目は悪くなるしヒキになるし…
でもその分、人生においてかけがえのないものもゲームから教えてもらった気がします。
私の人生哲学の3分の1くらいはゲームで育まれたのではあるまいかと思います。

私の小学生の頃の夢は
「ゲームソフトを作る人か大学教授になりたい」
だったくらいでしたから。
その夢のギャップは何だとツッコみたい人はどうぞツッコんで下さい。
今の私はと言えば、博士前期課程を修了し、就活中はゲーム会社を受けていたので昔夢見ていた事からそう外れた事はしていないのです。
私自身には自分の昔の夢を実現させるために忠実に生きてきたつもりはありませんが、行き着くところは大して変わっていないようです。
三つ子の魂百までとはよく言ったものです。
そんなわけで私はこれからもオタであり続けるでしょう。

こんな感じでいかがでしょうか?>Da-man様
「まだだ!まだ終わらんよ!」
と思ったらどしどしご注文下さい。


にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
▲オタクブログ集結!押して下さると励みになります。
* ゲーム * 22:04 * comments(8) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:04 * - * -

コメント

どもども,リクエストした張本人です.

スーパーマリオというタイトルを見た瞬間に連想されるやられ方を見事に体現したわけですな.
そこで『何てゲームは面白いんだ!』と思えたアナタはエラいww

今度ファミコンバーでも検索してみるかなぁ・・・(←アンタは酒が飲めないだろうが!>Da-man)
Comment by Da-man @ 2008/04/10 12:25 AM
どうも、リクありがとうございました〜!

まったく典型的なやられ方をしましたね。
っていうか操作方法解ってないだけちゃうんかと。
でも、兄のように上手くプレイできるようになりたくてその後見よう見真似で一生懸命練習したのですよ。
今では私の方がオタク…後悔などしていませんともw

ファミコンバー、いいですね!
いっそジャンパー内定オフに(強制削除)
Comment by 零 @ 2008/04/10 8:55 PM
「ゲームソフトを作る人か大学教授になりたい」

いえ、いえギャップなんて。

脳トレを作った川島教授がいらっしゃるじゃありませんか?

今からでもがんばってくださいな。
(^^)b
Comment by みっちゃん @ 2008/04/10 10:21 PM
おお、なるほど!
そういう例もありますね。
ぶっちゃけると、ゲームマニアも大学教授も分野は違えどオタクである事には変わらないじゃんと思っていたり。。。
また院に戻れたらその夢が叶うかも知れませんね〜。
精進します!
Comment by 零 @ 2008/04/10 11:01 PM
裏世界では「最初のクリボーをジャンプで避けようとすると隠しブロックに弾かれてあぼんするハイパーマリオ」なるものが…
Comment by U-DoKU @ 2008/04/11 2:45 AM
それも嫌だなぁ。。。
って、何処の裏世界の話だそれは(^^;
Comment by 零 @ 2008/04/11 5:02 AM
一応、リアルな話での裏世界ですよ?
こう…世の中には「プログラム改変職人」が結構居るのです
Comment by U-DoKU @ 2008/04/16 1:08 PM
どうでもよくないけど、ここだけの話私は「〜ですよ?」という無駄な疑問形が苦手だ。

ゆどが持っていたゲームラボみたいな本に載っているような人達でしょ?
何となく想像はつきます。
Comment by 零 @ 2008/04/16 10:24 PM
コメントする









トラックバック

mixi バトン

mixi バトンについて紹介しています。
From mixi バトン @ 2008/04/12 9:24 AM
このページの先頭へ