<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

クヌルプオフ2010(プロローグ)

ではでは、3泊3日(4日?)の旅を終えて一段落したところで
写真も揃ったので、お待ちかねの毎年恒例クヌルプオフレポいきますっ!!


↑これを書いてから半月経ちました(爆)
遅れに遅れて申し訳ありませんでしたm(_ _)m

当然ながら長文の長編になりますのでご了承下さい。


今回はマイミクでそれ以前からかまいたちの夜公式サイトで交流のあるDa-man氏、Tac氏、true氏、U-DoKU氏、そして私の5名で行って参りました。

例年より企画を立ち上げ動き出すのが遅かったのもありますが、
毎年幹事役だったDa-man氏が私情により幹事を外れる事になり、
更に交通事故で頼みの彼の車が廃車になるという事件まで起きて
想定外の出来事の連続でした。

それで一応古株(4,5回くらい参加している)だった私が幹事を引き受けることにして、
ペンションの予約や参加メンバー集め等をしたのですが
今年からスタッフの都合により、安上がりに押さえられるキッチン付きコテージに宿泊した場合は、食事なしのプランしか選べないという、これまた想定外の出来事がありました。

クヌルプの夕食はとても美味しく楽しみにしているメンバーも多いので、何とか食事付きでいけるプランを考えました。


しかし参加メンバーを確定させて予約を入れようとした時点で、ほぼキッチン付きコテージしか選べないという状態になっていてorz

それでとにかく予約を入れてみんなと相談しながら自炊や外食の方向で食事は検討していたのですが……


ここでまた想定外の出来事が起こりました。

私の誕生日に予約金を入金してその旨をペンションに連絡したところ
何と、私達が予約を入れた連休中に限りスタッフの増員が出来るので、食事付きも可能になったというまさに美味しいニュースが飛び込んできたのです。

しかも今年は暖冬かと予想されていた天候も寒波によって各地オープンしたゲレンデも好調、白馬に至っては降りすぎが心配されないかという勢いだというニュースまで舞い込んできて

ヒャッハァ!何これ誕生日プレゼント?(゜∀゜)

みたいな朗報が続けざまに入って来たのです。

車に関してはレンタカーを手配せざるを得ませんでしたが
コスト的にも希望としても結果的にベストな状態で臨むことが出来たのでした。




そんなこんなで参加メンバー5名はレンタカー借り主U-DoKU氏の都合と相談して1月8日20〜21時に新代田のなんでんかんでん本店に集合、となりました。


なんでん集合にしたのは、ぶっちゃけラーメンが食べたかっただけだろうという(ry



(出発〜9日目編に続く)
 


にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
▲オタク、メンタルヘルス系ブログ集結!押して下されば励みになります
* 旅行 * 14:05 * comments(0) * trackbacks(0)

AB:ZERO×路地め合同企画クヌルプ観光オフ〜すべてはネタのために〜

「AB:ZERO×路地め」合同企画
「双葉S.A.(下り)では『アメリカンドッグ』は『ホットドッグ』という名称で売られている」のかどうかを検証する。
そして何故2月23日未明に「路地めじろ」にクヌルプの看板の写真が上がったのか、その謎が今明かされる!


それはほんのささいなやり取りから始まりました。
クヌルプオフのレポで私が「hotdog」の事を「ホットドック」と表記したことから、めじろ氏が「ホットドッグ」への訂正をコメント欄にて要求した事が発端でした。
これは「bed」を「ベッド」とするか「ベット」とするかという程度の議論です。
(因みにこの場合、英語だと「ベッド」、ドイツ語だと「ベット」が正解になります。)

以下、コメント欄及びミクメでのやり取りから抜粋。

零「ホットドックは正しくはホットドッ『グ』かも知れないけど、そうするとアメリカンドッ君のシャレも通じなくなるんだよね〜。」

め「なるほど、さすがたつきさん。
そういう配慮があったんですね。」

零「うーん、配慮っていうか自然とそうなってたというか。
ぶっちゃけ後付け?(爆) 」

零「あとあの店では確か『ホットドッグ』として売られていたと思うけど誤解がないように『アメリカンドッグ』にした方がいいのかとか…
考えだすと意外に奥深い溝にハマってしまいます。」

め「まじで?!
ホットドッグ萌えのσ(-_-)にはちょっと納得できん。
o(´^`)o ウー確認しに行きたくなってきた。」

そもそも何故自分はアメリカンドッグの事を至ってナチュラルにホットドックと表記したのか。
自分でもその理由が解りませんでした。
しかぁし!
wikiを調べてみると「ホットドッグ用に作られたソーセージ単独の状態や、串に刺し衣をつけて揚げたコーンドッグ(日本で言うところのアメリカンドッグ)などのこともホットドッグと呼ばれることがある。」
と、記述されているのです。
つまり本場ではアメリカンドッグの事をホットドッグと呼んだりするのですよ!
双葉S.A.ではアメリカンに「アメリカンドッグ」の事を「ホットドッグ」と呼んでいるのだ!
という結論に達し、めじろ氏にその旨を伝えました。

零「ただwikiによると日本でいうところのアメリカンドッグをホットドッグと呼ぶ場合もあるって書いてあったから間違いとも言えないらしい。」

め「この解釈だと、外国での話に聞こえるラリ?
だから日本では殆どアメリカンドッグと呼ぶんじゃないラリか?
(実はここにツッコまなかったのはwikiで同じ文章見つけたからなのだ)」

零「よし、今度確認しに双葉S.A.に行こう!」

め「それじゃあ、明日の夜23時ごろにお迎えに上がりますぅ。」

零「ちょ、本気でお待ち申し上げちゃいますよ!?
ママンに『ネットで知り合ったおぢちゃんと遊びに行って来る♪』と言っちゃいますよw」

め「本気ですともw
むしろたつきさんのレスの方が本気じゃないですともw
ママンへの言い訳は『ネットで知り合った【ロリ変態】おじちゃんと(ry』にしとくと良いよ。」

というわけで、外出することになった事を本当に母に伝える。

零「ちょっと双葉S.A.まで友達と23時頃から遊びに行ってくる。」

母「遊びに行くって何しに?」

零「…食べたいものがあるから。」

母「そこでしか食べれない美味しいものなの?」

零「それは…うん、まあそんな感じ。」

さすがにホットドッグかアメリカンドッグかを確かめるためだけに行くという事まで言うのは躊躇われたので言葉を濁す。
で、どんな友達かという事を前回のクヌルプオフで積雪にダイブし人型を作っためじろ氏の写真を見せる。

母「やりたくなる気持ちは解る。
異常という程の行動ではない。」

と、冷静に分析され、大丈夫な人と判断され外出許可が下りました。
そして翌日。

零「もし行くなら今日しかない!
ママンにもありのまま話して許可下りたので大丈夫w
というわけでお待ちしてま〜す♪\(^o^)/」

そんなわけでガチで行くことになったのでした。
22日23時に家までわざわざお迎えにきて下さっためじろ氏。
仕事帰りらしくスーツ姿です。
この人本当にきちゃったよw

というわけでアホ2人は双葉S.A.に向けて出発したのでした。
3時間の旅路の途中BLEACHやFF4話等で盛り上がる。
BLEACHの効果音は「ドン」ばかりだとか「なん……だと……」ばかりだとか。
やっぱりBLEACHはちゃんと読まなきゃなりませんね。

そんなオタトークをしているうちに双葉S.A.に到着。
迷うことなく一直線に売店へ向かうバカ2人。

零「あったぞ!どれどれ……っ!!!……なん……だと……」

アメリカンドックドン!!!


め「ギャハハハハハハ!チョー可笑しい〜〜〜腹痛ぇゲホゴホ(むせた)」

零「……_| ̄|○←撃沈」

その光景を売店のおじさん達始め休憩客は唖然として眺めていました。
その後ドン引きしている客を押し退け証拠写真を撮影。
携帯からブログにアクセスし、「ホットドック」を「アメリカンドッグ」に訂正しました。
でもねえ、めじろさん。
写真でもお判りの通り、ここでは「アメリカンドッグ」を「アメリカンドック」と表記しているのですよ。
そのくらい見逃してもらえませんかね。
(め「いい加減、負けを認めなさい。」)

はい、すみません。
動かぬ事実を前にして完全に「ギャフン」でした。
心優しきめじろ先生がアメリカンドッグをおごってくれました。
私は自覚なかったですが相当悔しがっている顔をしていたらしく、めじろ氏に
「いい顔するねえ」
と、悔し顔を堪能されてしまいました。
うう、こんちくしょう。

しかもアメリカンドッグを撮影する際、ちょうどいい角度を探して少しずつずらしていたら「べしゃっ」とやってしまいました。

失敗画像は拭いた後です。
ああ、完璧「天然」の烙印を押されたw


それがちょうど2時半頃の事。
で、そのアメリカンドッグを2人で食べながら話したのです。
「ここまできたらクヌルプ行きたいね」と。
もちろんネタのつもりです。
しかし……

零「ここで行ったら伝説を作れるよね。」

め「そんな事言ってると本当に行っちゃうぞ!」

零「行けるの?」

め「本当に行きたい?」

零「行けるなら行きたい」

ぼくは真理のこの笑顔に弱い。
♪スーツ姿に縁あり眼鏡が疲労に満ちていて
あなたをもっと苦しめたくて注文つけました〜
というわけでめじろ氏の運命は決まったのでした。
カーナビをペンション「クヌルプ」に設定w

道中、めじろ氏が眠らないよう喋り続ける事を要求されました。
ちょうどこんな事もあろうかと罰ゲーム用に面白い話を考えていたのですが、そのネタ自体を忘れてしまい、もう救いようがない。
めじろ氏から「道路特定財源について話せ」とお題を出されても話せるはずもなく。
持ちネタがないので自分の事くらいしか話せず、今まで人に話したことのない恥ずかしい話まで打ち明けてしまいました。
詳細は秘密です。
ああ、とんでもない人に弱みを握られてしまった。

あとめじろ氏が「私をスキーに連れてって」を観て大ウケした事も話しました。
出だしから間違っているという事から田山(田/中/邦/衛)×矢野(三/上/博/史)に見えたとかいう事まで。
「そこを腐女子なら『邦/衛は精神的には受けなんだよ!』って言うんだよ。」
などといらん事を吹き込んでみたりしました。
いやー、めじろ先生もついに目覚めちゃったみたいだね!
腐女子フィルターは恒久的に除去できないので、こうなったらもう誰にも止められません。
私は何もしていないので責任取りませんよっと。

途中気が付いたら伊那インターで降りて危うく名古屋方面に行きそうになるも、料金所のおじさんにUターンしていいよと許可をもらえたので、由美かおるが登場して注意されることもなく正しいルートに戻り、白馬へと向かいました。

そして23日午前5:40頃…

クヌルプドン!!!


ついに目的地のクヌルプまで辿り着いてしまいました。
証拠写真を撮ろうと外に出るとさすがに寒い。
何せ1人は春服、1人はスーツですから傍観…もとい防寒対策などしておりません。
めじろ氏が叫んでいたのはこの時の事です。
本当はペンションを撮りたかったのですが、照明の落ちた未明のペンションは暗くて携帯では撮れず、看板を撮影するに留まりました。

どうせならこのまま滞在して朝食だけ食べさせてもらおうかなどと言いましたが、さすがにオーナーに顔も覚えられているめじろ氏に迷惑をかけさせるわけにもいかず、暫くペンションを眺めた後、ひっそりと去りました。

そして駄目押しの証拠写真。
白馬駅ドン!!!


それから2人して眠気に耐えながら帰りました。
遠ざかっていく白馬…ああ、滑りもしないでもったいNEEEEE!!

め「しょうがないだろ、ブーツも板も持ってないんだから」

では何故クヌルプへ行ったのかと訊かれたら私はこう答えます。
「そこにネタがあるから。」
そう、すべてはネタのために。
そのためにめじろ氏をパシらせ、再び白馬まで行ったのです。

今回の企画を通して学んだ事は…
「人間、その気になれば色んな可能性が開ける」
という事ですかね。
うん、美しくまとめたな自分!
強いて心残りを挙げるとするならば…
「FU○IYAでまたホットケーキセットを食べられなかった事」かなっ。

翌日、一部の読者から詰問されためじろ氏。
私は沖縄旅行に向けて体内時計を調整するため1日ゆっくりお休みしましたとさ。
ああ、可哀想なめじろ氏。
あはは(爆)

でも今回めじろ氏に激しく観察され、6年間の付き合いの中で気付かれなかった私の本性を見破られたりしたので、おあいこという事で。
それでもおつりがくると思いますけどね。

母に事の顛末を話したら
「行動力があるのね」
と評価が上がりましたよ。
よかったね、めじろさん!
というわけで終了。




※このお話はノンフィクションです。
実在の人物・団体・事件等と密接な関係があります。
路地めじろ」の記述と異なる部分が見受けられる場合がありますが、どちらのお話を真実と受け止めるかは読者の皆様にお任せします。


にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
▲オタクブログ集結!押して下さると励みになります。

JUGEMテーマ:旅行
* 旅行 * 21:55 * comments(5) * trackbacks(2)

クヌルプオフ2008(4)

23日にもクヌルプに行ってきたのですが、まずはこちらの話を〆なければという事でラストいきます。
前回までのエントリーから間が空いてしまったので記載しておきます。
こちらこちらこちらこちらからどうぞ。

というわけで最終日。
このオフの間に作り上げた参加メンバー全員分のMiiを鑑賞したり弄ったりして楽しんでいたU-DoKU氏と私。
気が付けば6時を回り、床であぼんしていたtTru氏が目覚め、ゆう氏が階段を下りてきました。
またもや完徹してしまった私。
今回はU-DoKU氏も生き残りました。
めじろ氏も起きてきて「またかよ」と呆れられました。
だってラーメン夜の帝王は夜から仕込みが始まり、0時に開店するんですもの。
ハンクさんの武勇伝を簡単に語って聞かせました。

とはいえ、完徹してさすがにHPも減少してきて「疲れた顔をしている」とU-DoKU氏に指摘されたので、一旦ペンションに戻り顔を洗って着替えをしてくることにしました。
U-DoKU氏と後程談話室で待ち合わせることにしてコテージを後にしました。

着替えをして顔を洗ってメイクをしていると、既にU-DoKU氏がきていて、私の部屋を覗こうとしている。

零「何しているの?」
U-DoKU氏「いや、遅いから眠っているのかと思って…」

こういう事をするから油断ならないのだ、この人は。
で、その後もたっぷり時間をかけて準備をして談話室に下りると、案の定待ちくたびれたU-DoKU氏がソファに座って眠っていました。
2人だけで先に朝食を食べるという選択肢もあるものの、夜中に何だかんだつまんでいたのと完徹したのとであまり空腹感もないので、そのまま談話室にある漫画を読んで過ごしました。
U-DoKU氏、完全に沈没。

暫くしてゆう氏がきたので一緒に食堂へ移動しました。
その後めじろ氏も現れ、ハンクさんも現れと徐々に起きだしてきた人々がやってきました。

めじろ氏「このシマでハンクさんに勝てるヤツはいやしませんぜ!」

と、ハンクさんがやたら持ち上げられる。
でも敬称がついても弄られることには変わりない。

朝食を終えて薬を飲むためにスタッフに水を頼み、薬を飲んでいると食事をしていたわんぷち♪氏が興味を示しました。

わんぷち♪氏「何かすごい量だね」
零「解熱剤や抗生剤なんかも入っているから…あと私、×××だからそういう薬も飲んでいて、これが○○○○、これは以前飲んでいた薬の副作用を抑える薬で…」
わんぷち♪氏「あー、この薬もあるんだ!」

などと薬談義に軽く花を咲かせました。
コスメじゃなく薬の話が通じる女性は多分わんぷち♪氏くらいだろうなぁ。
コップ1杯の水じゃ足りないくらいの量だったので毎回スタッフの人に2杯水を頼んでいたのですが、最後にはでかいコップ1杯で持ってきて下さりましたw
薬については画面を割く余裕がないのでここでは割愛。

部屋に戻るとチェックアウトの準備をし、談話室に下りて待機。
やがて宴会の残骸を片付けてやってきたコテージ組も現れ全員集合すると精算してチェックアウト。
もうこの時点でとっくにチェックアウトの10時を過ぎていましたが。
どうやらドライバーの皆様が運賃の計算が合わず儲かっていたようですが、それはボーナスという事で片付ける。

その後ペンションの前で恒例の撮影会。
今回は縦に並んでEXILEの「cho cho train」の真似をするアホ一行。
それをデジ一眼で連写するDa-man氏。
わんぷち♪氏とサク氏が撮影している際、Da-man氏とTac氏で「ペンションを背景に2人と撮ろう」と言うはずがるり氏(だっけ?)が間違えて「2人を背景に写真を撮ろう」と言ってしまい、Da-man氏とTac氏が本当に背景となって写真を撮っていました。
今回ネタ写真多かったなー、特にわんぷち♪氏のデジカメはネタ写真の嵐だったはず。
公開できないのが残念です。

ひとしきり撮影をして満足した一行はみみずくの湯へ。
ンガ氏を積雪に突き落として遊んでいたら、勇者めじろ氏が自らダイブ。
人型見事な人型が取れました(写真提供Da-man様)。
皆が撮影している間、動かなかったので窒息して死んでいるんじゃないかと心配だったよ。


私は荷物を出し入れするのが面倒だったのもあり、入らず荷物番をすることになりました。
皆が入浴している間も赤竜狩りに勤しむ私。
まったくしっぽの収穫はありませんでした。
白馬にはレアドロップを妨害する何かがある!
そんな事をしている間にも全員が風呂から上がってきて昼食を何処で食べるかでわんぷち♪氏がパスタ屋を検索して下さったものの、行ってみたら何と貸しきりでお休み。
その後3軒以上回ってみましたが何処も「CLOSE」。
やる気ないなw
その頃には車内で寝る気満々だった私はHPゲージが黄色から赤になり、移動中後部座席に横になって死んでいました。
皆がお土産物を買っている間もめじろ氏のフィト子さんで休ませてもらっていました。
自分の荷物は既にいっぱいいっぱいだったし、家族からもお土産はいらないと言われていたので遠慮なく寝る。
とりあえず私を寝かせろ!とヤバいオーラを放っていたかも知れません。

右往左往した後、結局駅前のマックに入ることに。
ここでも私は食欲よりも睡眠欲が勝っていたのでフウマ氏、るり氏の席の向かいで一人爆睡。
昼食後、駐車していた各々の車に戻ろうとして何気なく皆について行ったらtTru氏が
「あ、Da-manの車こっちじゃなくてあっちだった。」
と駅前とは反対側の方向にある駐車場にDa-man車がある事を思い出しUターン。
一緒について行った私も私ですが、tTru氏はやっぱりアレですね。
Tac氏に
「何やってんだお前らは!」
と揃って怒られました。
何も考えてなくてすんませんすんません。

その後ンガ氏と別れ帰路に着いたわけですが、移動中の車内ではやっぱり後部座席で寝ていたのであまり記憶に残っている事はありません。
一緒に寝ていたハンクさんと傾いて何度も頭をごっつんこしていたりしたな。

夕食は談合坂S.A.でほうとうを食べました。
その頃には私を含めメンバーの終電が危うい時間帯になっていたので、渋滞も考慮に入れてDa-man氏の関東一円巡回の旅が想定されていたのですが、談合坂を出てからはスムーズに行けたようで予定よりも早い時間に八王子に帰還し、無事解散となりました。

こうして2泊3日の濃いオフ会が終了したわけですが、レポを書きながら色々思い出すだけでもとても楽しい旅でした。
心残りがあるとすればスキー部長なのに今回1度も滑れなかったことですね。
まあ、滑るのはまたいつかできるので今回も充分クヌルプオフを堪能したと言えるでしょう。
クヌルプオフに参加した皆様、本当にお世話になりました。
また来年を楽しみにしています!




この長いレポを書き終えるまでに何箇所か訂正したところがあります。
それは何処でしょう?
すべて当てた方には当ブログでのお題リク権を差し上げます。
などと言ってみる。
つまり、暇な方はもう1度見直してみて下さいという事です。
まあ、また補足や訂正があったら変わるかも知れませんが。
それではこれにて終了。


にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
▲オタクブログ集結!押して下さると励みになります。

JUGEMテーマ:旅行
* 旅行 * 21:55 * comments(11) * trackbacks(2)

クヌルプオフ2008(3)

こんばんは、零でございます。
昨日はうっかり油断して16時くらいまで寝てしまいました。
昨夜は3時には寝てたと思うんだけどなぁ。
とりあえず真人間になる為にはていおうはやめろという事ですね。
今PCに向かっているこの時間にはレポを書き上げている予定だったのですが、今から書きます。

窓の外が白み、アラームが残り少なくなってきた頃。
上の階から物音がし、めじろ氏が下りて来ました。
何でも私のFF4のBGMで目が覚めてしまったとか。
サーセン!!
そんな上まで聴こえる音だとは思わなかったのです。
時間を見ると7:30。
もう朝食に行ける時間です。
つまり私は完徹をしてしまったのです。
床に転がった死体は生き返る気配はまったくなかったので、放置して朝食へ行くことに。
ペンションへ入ると談話室には既にTac氏が居り、読書していました。
ゆう氏は寝坊するし、予想に反する現象にめじろ氏は驚いていた様子。

そんなわけで起きた人達(正確には私は寝てないのだけど)で朝食に。


朝食のメニューは変わらずシンプルだけどとっても美味しいです。
欲を言えばジュースをお代わりできるともっといいかも。

しかし皆様、思った以上に疲れを引きずっているようで、なかなか集まらない。
話し合いの結果、滑る人は午後から滑ることになりました。
因みに私は滑るのは「論外」として扱われました。
実は行こうかと思っていたんだけどなー。
私がもし行くと言ったとしても阻止される事は目に見えていたし、フラフラのヨレヨレで皆に迷惑かけるわけにもいかないので大人しく引き下がることに。

零「後で多分、コテージ行くからー」
Da-man氏「あなたは一体いつ寝るんだ?」
などと言い合い、一時解散。
ペンションの部屋に戻るとベッドに横になりつつもDSのスイッチをON。
寝ながらレッドドラゴン狩りをしていれば眠くなるかなと思ったのですが、案の定いい感じで眠気が襲ってきた。
あ、このまま寝れそうかも。
とDSを手放し目を閉じるとそのまま自然と眠りに落ちました。
途中Tac氏が何かをしているのを意識の端に捉えましたが、起きることはせず眠り続けました。

そして。
気が付いたら夜の18時でした。
18時!?
と慌てて起き出し廊下に出ると、談話室から聞き慣れた人々の談笑する声が。
完全に寝落ちたー!!_| ̄|○

自分としては2,3時間程度寝て本当にコテージに遊びに行く予定だったんですよ。
ああ、せっかくクヌルプに遊びに来たのに何してんだ私…
しかし寝てしまった時間は取り戻せない。

仕方ないので顔を洗ってコンタクトを入れようとしたけど入りゃしない。
寝不足の時とか体調悪い時とか特にそうなんですが、最近よくむくんで瞼が腫れてしまうのです。
「これからどうする?」
というような皆の声を聞き焦りながら何とかコンタクトを入れ、部屋に戻るとTac氏と会い、ちょうどこれから風呂に向かうとの事。
ちょっと迷った末結局自分も行くことにしました。
結果的に疲労困憊のンガ氏以外全員出ました。
何かあれからアレイズし滑りに行ったU-DoKU氏が一気に上達し、コブ大好き人間になって帰ってきて別人のようになっていました。
うらやめしい…!

この日向かったのは「岩岳の湯」。
駐車場に着き、車を降りると星が綺麗との事で見上げてみると本当によく晴れてて綺麗に見える。
あんな星空見たのは久しぶりだな。
と、ちょっといい気分で温泉へ。
さすがにこの時間になると混み始めていたものの、何とかスペースも確保できたし、洗い場も並ばなかったし、ドライヤーも使うことができました。
これでもうちょっと遅い時間だったらアウトだったかも。

この「岩岳の湯」は露天風呂がない代わりにサウナがありコーヒー牛乳があるのが魅力。
当然、風呂上がりにコーヒー牛乳を飲み、皆が上がるまでまったりしつつ電波状況のいい今こそとばかりに、携帯を弄ってみたりしていました。
全員牛乳を飲み、上がったところでコンビニに寄る組とそのままペンションに戻る組に分かれ移動。
私は戻る組だったのですが、我々が戻った頃には既に20時を回っていました。
コンビニ組がいるからとのんびり荷物を置き着替えをして下りると食堂には既にめじろ氏とゆう氏が。
零「あれ?皆まだなの?」
めじろ氏「そうみたい、時間あるからDSでも持って来たら?」
と、ちょうど私がうっすら考えていた事をめじろ氏が言ってくれ
零「とってくる!」
とすぐさま携帯とDSを取りに部屋に戻ったのでした。
でも、勢いづいて本当に取りには行きましたが、さすがに皆の前でレッドドラゴン狩りをする気にはならずそのまま放置。
そうこうしているうちにコンビニ組も戻って来ました。

この日のディナーのメインはステーキ。
肉でよかったね、ハンク。


tTru氏の要望もあり、ワインを瓶で頼みました。
美味しい食事に舌鼓を打ち、食欲も旺盛な私とは裏腹にめじろ氏は食欲があまりないらしくステーキをゆう氏やtTru氏に分けていました。
私も勧められたのですがそこは女の子らしく辞退しておきました(ぇ
この日もミシシッピマッドケーキを頼んでいる人がいました。
結構濃厚なので一度食べれば充分という人も多そうなのですが、ハマった人も少なからずいるようで。
本当にクヌルプは料理目当てで来ている人も結構いるかも知れませんね。

食後は前日と同様にコテージへ。
DSだらけだったので8人でマリオカートをすることになりました。
しかし!
何度やっても私はビリ!
おかしいなー、昔は毎日のようにマリオカートをやって遊んでいたのに。
皆、遠慮なしにアイテム使ってくるんです。
赤い甲羅とかバナナとかキラーとか。
たまに5位とかになっても総合順位はやっぱりビリ
他にもチーム対戦をやったりとかなり熱く盛り上がりました。
いやあ、大人数でゲームをやるのはやっぱり楽しいね。
結果は何にせよ。

ちょうど一ゲームが終わったところにわんぷち♪氏とサク氏が登場したのでマリオカート大会はそこで終了。
わんぷち♪氏がめじろ氏に整体を頼まれていたようで、2階についていってみるとめじろ氏がお休みになっている。
そこをわんぷち♪氏がアレを何して目覚めさせてしまいました。
さ、さすがだ。

その後下に下りて、そこで「整体」という名の公開SMショーが繰り広げられました。
めじろ氏、超痛そう。皆超楽しそう(ぉ
私も一撃を受けた身なので痛がってるのがネタじゃないのがよく解る。
施術直後のめじろ氏の顔はちょうど私は背後にいたので見えませんでしたが、あり得ない顔つきになっていると言われていました。
わんぷち♪氏「明日どんな色のおしっこが出ても責任持ちませんから(笑)」
恐るべし、整体。

その後整体のおかげですっかり姿勢もよくなり目覚めためじろ氏は飲みに参加し、ゲーム談義などをしながら飲んでいたら1人また1人と死体が増えていきます。
機会があればラスボスに挑戦してみたいと宣言していたDa-man氏も敵前逃亡してしまいました。
私はいつでも待っているぞ( ̄ー ̄)+フッ

「まだだ!まだ終わらんよ!」
とばかりに気合い入っていたtTru氏もTac氏もめじろ氏の思惑通り床の上にごろ寝してしまい、残ったのはめじろ氏、U-Doku氏、私、そしてハンクさん
ここでは敢えてハンク氏ではなくハンクさんと呼ばせて頂きます。
何故ならこの後、ハンクさんは後に(一日だけ)語り継がれる伝説を一夜にして築き上げたからです。

まだ終わらんよな面子が何となく始めたwiiのBLEACH。
そのストーリーモードでハンクさんが「山田花太郎」を選んだのが始まりでした。
最初はただ何となく傍観しているだけでした。
山田花太郎、そんなキャラもいたなくらいの認識で。

零「攻撃している割にはダメージ減らないね」
めじろ氏「それは花太郎の斬魄刀が斬った相手のダメージを吸収し回復させるからだよ」
えっ、それじゃ普通に倒せないじゃん!
どうやら相手にダメージを与えるには、始解状態の「朱色瓠丸(あけいろひさごまる)」で斬りつけるしかないらしい。
しかもその斬魄刀がメスみたいにちっちゃいんだ。
何でそんなキャラ選んだのハンク!と思いました。
しかも固定敵の一角が鬼強い。
何回やっても、全員で交代してやっても卍解されると瞬殺されてしまう。
一体どうやって倒すんだ!?
倒すまでこれは寝れないぞ!
と、一同色めき立つ。

でもハンクさんは引き下がりませんでした。
何度負けても戦法を探りつつ花太郎の超必殺技、たらい攻撃や →・ 攻撃を適確に繰り出しついには見事倒してしまったのです!
すごいよハンクさん
と真夜中に思わず拍手してしまうほど異常な盛り上がりを見せました。

それを見届けた後、めじろ氏離脱。
それが午前4時頃の事。
その後もハンクさんの快進撃は留まらず、花太郎でストーリーモードをクリアしてしまい、尸魂界を救ったのでした。
私の中で花太郎の株も急上昇。
久しぶりに原作読もうかなと今更ながらまさかの花萌えで興味を抱きました。

続いて恋次でストーリーモードをやったのですが、コツをつかんでしまったハンクさんはさくさく進めていき余裕でクリア。
花太郎でクリアしたハンクさんには向かうところ敵なしだぜ!
と私達はすっかりハンクさんの美技に酔いしれてしまったのですが(作品違います)そのハンクさんもついに退場。
結局最後にはU-DoKU氏と私が残ったのでした。

残った2人で白哉のストーリーモードをやったのですが、砕峰が倒せず断念。
こんな時、ハンクさんがいれば…!
と何度2階でお休みになっているハンクさんを呼ぼうとしたか知れません。
仕方ないのでBLEACHはやめてMiiを弄ったりして遊んでいました。
弄った部分に気付いた人がどれだけいるか。

そしてこの日、U-DoKU氏はダウンせず2人で夜を明かしたのでした。



全然短くなってないよ。
とにかく夜が長い。
だって、ていおうだから。
だって、「かまいたちの夜」だから!


にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
▲オタクブログ集結!押して下さると励みになります。

JUGEMテーマ:旅行
* 旅行 * 01:50 * comments(7) * trackbacks(3)

クヌルプオフ2008(2)

うだうだクヌルプオフのレポを書いていたら来週行く予定の沖縄旅行の案内が来てしまったので、ちょっとペース上げて書きます。
でも内容はいつも通りぐだぐだ。

ペンションの部屋に戻って4,5時間程寝たでしょうか。
自然と目が覚め、外を見るとちょうど日も暮れた頃。
部屋を出て階段を下りると談話室には帰ってきた午後組のメンバーがいました。
「どうだった?」
と軽い気持ちで訊ねてみたら、午後組はかなりサバイバーな体験をしてきたらしく、コース外の車道を滑ってきたとか何とかのたまうのです。

行かないでよかった…!

この冒険譚ですっかり怖気づいてしまった私は翌日滑るのを真剣に躊躇いました。
そうでなくても前回の「ドベ地獄」を味わってきて滑る事に対する自信を失いかけていた私です。
サバイバーな体験談を聞き、その揺らいでいた自信は風前の灯火となってしまいました。
明日マジでどうしよう…

内心ぐるぐる考えながらも温泉に行くとの事で風呂の準備をしました。
準備を整えるとDa-man車に乗り「みみずくの湯」へ。
めじろ氏から貰った温泉の回数券と合わせて入りました。
「みみずくの湯」は露天風呂があるのが魅力。
わんぷち♪氏と2人でゆったり楽しみました。
でもここではコーヒー牛乳は売っていなかったのだった!(これ重要)
仕方ないので豆乳バナナを購入。まあまあいける。
ここで一緒に温泉に行った人にだけ(それでもすぐ上着を着たけど)北海道オフで買ったまま封印していた夜の帝王Tシャツをお披露目。
何しろ半袖なので冬の白馬じゃそうお見せできません。
反応は上々でこれならいけると味をしめる。
あとは夜のお楽しみという事で全員上がってきたところで一行は途中コンビニに寄って買い物を済ませペンションへ戻りました。

戻る頃にはいい時間になっていて、荷物を置いたらそのまま夕食にと全員食堂に集まりました。
この日のメインは魚。
でも基本的に洋食で、刺身が出てくるなんて事はありません。
ハンク氏は肉料理を望んでいたようで
「明日肉が出なかったら暴れる!」
とか言ってましたがオードブルで肉出てましたよ。


画像暗くてすんませんすんません。
オードブルからスープ、メインにデザートとしっかり食べれてどれも美味しいクヌルプの料理はやはり絶品ですね!
あとミシシッピマッドケーキを頼んでいる人も多かったです。
飲み物はロゼが飲みたい気分だったのでグラスでロゼを頼みました。
う〜ん、どれも文句なしに美味だったなぁ。

そうそう、皆料理に手をつける前に各々の携帯やデジカメで写真撮影するのですが、こういうのもクヌルプでは日常的な事なのでしょうか。
中にはデジ一眼の人もいるのですがw
まあ、撮影している我々を見たスタッフの人は
A:「ああ、ブロガーだな」
B:「ああ、オタクの人だな」
のいずれかの事を思ったことは間違いないでしょう。
しかもBの可能性のが圧倒的に高い。

デザートのアイスを食べ終えコーヒーを飲む頃には時間も22時に。
ところが食堂の時計は私の時計と約5分時差があったのだった…!
といったところで時間差トリックを利用した事件が起きるわけもなく、和やかに一同は食堂を後にし、コテージへと移動したのでした。

DSやら電波の入らない携帯やらクッキーやらを持ってコテージにいざ行くと、DSだらけw
総勢13名がわいわい集まりました。
食べ物は軍隊用の保存食からゆう氏お手製の肉団子、もちろんおつまみのお菓子もあります。
飲み物はめじろ氏持参の「東国原」1升からビールまでこれまた事欠きません。

ここでわんぷち♪氏が特技の整体をして下さりました。
見ている時も当人から苦悶の声が上がり痛そうだったけど、いざやってもらうとこれが息が詰まって声にならないくらい痛い…!
「女の子だと力の加減が判らない」
なんて仰ってましたが充分痛いです。
自分の背骨が
ばきぼきべきばきっ
と音を立てるのを聞きました。
私、明らかに矯正されてる!

そしてやった後は効果てきめんで、周囲から劇的に姿勢がよくなったと言われました。
自分では自然にしていたつもりだったのに変わっていたのね。
たった一撃で猫背を矯正しちゃうわんぷち♪氏すごいよ!
と皆の尊敬を集めていたわんぷち♪氏でしたが、本人もそれなりに体力を使うようでさすがに全員を矯正するのは無理でした。
一人で姿勢を矯正する方法も教わったので、今後よい姿勢を保つ為試してみます。

整体ショーを終え皆まったりしだした頃にDa-man氏が
「それであの袋は?」
と私が持参した包みについて言及したので、ここで皆には秘密のつまみと言っていたクッキーをばらまきました。
一応ちょっと早いバレンタインという事でチョコチップクッキーを作ったのでした。
皆覚えているかどうか分からないけど、ブログで「嫁研」の話をした時にフラグは立っていましたし。

一応味見はして大丈夫そうだと思ったのですが、やっぱり皆の口に入る瞬間はどきどきします。
結果、皆に「甘さ控えめで美味しい」と言ってもらえてほっとしました。
石灰が崩れたようなってどっかに書いてあった気もするけどまあ、いいや。

それから夜の帝王Tシャツも皆に公開。
予想通りのいい反応。
黒地に白文字で「夜の帝王」と書かれたデザインがラーメン屋っぽいとも言われました。
言われてみればそんな感じもするかも。
ラーメン夜の帝王。
この時既に私が文字通り夜の帝王になる運命は決まっていたのかも知れません。

その後めじろ氏のFF4プレイ状況やめじろ氏とU-DoKU氏のポーチカ対戦を傍観したりフウマ氏が華麗に4の字固めをサク氏にかけるのを見て驚いたりWiiでMiiを作ったりして盛り上がりました。
tTru氏が私のMiiを作るのにマジになって1時間くらいかけて作成していました。
さすがその道のプロ。

MiiといえばMiiの似顔絵パレードでtTru氏が自分の家族を偶然見つけるなんて事もありました。
「これ、うちの親父だ」
と普通に本人が言うので
「へっ?」
と最初思いましたもん。
つくづく世間って狭いですねぇ。

しかし、そうこうしているうちに1人また1人といなくなっていきます(アガサ・クリスティ調)。
そして最後にはコテージの居間にU-DoKU氏と私が残りました。
「ミステリーは最後の2人になってからが勝負だから」
などとやる気満々のU-DoKU氏。
「せっかく来たのだから1回くらいは滑ろう」
と誘われたのですが曖昧なリアクションでかわしてみたり。
で、DSのスイッチをON。
やる事はもちろん周知の通り、レッドドラゴン狩りに決まっています。
レッドドラゴンにホールド→ひたすらボコる→祈る
の単純作業の繰り返しを延々とこなしている私を前にU-DoKU氏が次第に耐えきれなくなり、はじめは椅子の背に肘を置き頬杖をついていたのが、毛布を被る体勢になり、しまいには床に転がって(多分この辺本人の意識なし)仰向けになって完全に寝落ちてしまいました。

こうして最後の死者が出てもゲームは終わることなく、朝までFF4の音楽が途絶えることはなかったのでした。



って、ペース上げるどころかペースダウンしてる!
だってていおうだもの(みつを調)。
多分2日目は(寝てたから)短いと思うので、頑張ります!


にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
▲オタクブログ集結!押して下さると励みになります。

JUGEMテーマ:旅行
* 旅行 * 21:57 * comments(5) * trackbacks(2)

クヌルプオフ2008(1)

気がついたら何だかもう1週間経つし、こぞって皆オフについてレポ書いているし、もう敢えて私が書く必要もないのでは?とか思ったのですが、準備篇も書いちゃったので書いてみる。

今年も連休を利用して2泊3日のクヌルプオフに行ってきました。
金曜の深夜に出発して月曜の夜に帰宅したので実質丸3日間の旅行です。

8日金曜日。
朝、起きたらこの日の為に作り出来上がって冷まして置いたはずのクッキーがない。
何処だ!?と思って母に訊ねたら
「全部食べちゃったわよ」との事。
よくよく見たらこたつの上にクッキーが3個ずつにラッピングされているではありませんか!
ありがとう、ママン!

病院に薬を取りに行かねばならないので、コンタクトを取りに行くのはママンが代わりに行ってくれました。
本当に踏んだり蹴ったりだな!
(正しくは「おんぶにだっこ」と言います)

そんなわけで何とか準備を整え、23時前に出発。
9日0時半頃、待ち合わせ場所の八王子駅に到着。
事前に八王子では無敵のわんぷち♪氏からの案内があったのでそれと地図を頼りに目的地のデニーズを目指す。
JTB…セブンイレブン!あったあった!とデニーズを発見しいざ2階へ。
店員さんに「連れがいるんですが〜」というまでもなく、先に着いて暖を取っていた面々と合流。
既にTac氏、ハンク氏、U-DoKU氏、ゆう氏がまったりしていました。
私が何か頼もうかとしている間にもDa-man氏、tTru氏、サク氏と続々到着。
tTru氏「セブンイレブンで待っていたら(私が)上へ行くのを見た」との事。
その割には間があったような…さっさと追いかけんかい!
で、メロンソーダを一杯飲んだところで時間も時間だし出ようかという事になり、一行は外へ。
ゆう兄が全部払ってくれました。
さすが兄ぃ!ごちです!

はじめての人もいるので外で自己紹介。
私はわんぷち♪氏やサク氏とは既に顔見知りなので紹介をすっ飛ばされる。
その後は各々車に乗り込みいざ白馬へ!

構成はDa-man車6名、めじ車4名、サク車2名で定員ぎりぎり。
で、このサク車のラパン君にDa-man車乗組員の荷物が詰め込まれる。
確か4つ積めれば充分とか言っていたような…何この夜逃げ仕様。
まあ、いいや。頑張れラパン君!(丸投げ)

時間も15分程押しての出発。
6人乗り仕様のスパシオの真ん中の席はやっぱりキツいな。
ていうか足の置き場がNEEEEEEEEEEEE!!
置かれていた毛布の中でもぞもぞし、ハンク氏の足や毛布を踏みそうになりながら何とか足の置き場を確保。
ふう、これで何とかいけそうだぜ!
と人心地つき、高速に乗ったらハンク氏に異変が。
ハンク氏「トイレ行きたい」

どうやらドリンクバーで飲みすぎた模様。
途中アメリカンドッ君の動画を見ましたが、尿意が紛れる効果はなかった模様。
ていうかアレ、爽やかだけどどう聴いても声がおしりかじり虫です。本当にありがとうございました。
というわけで急遽途中でトイレ休憩。
ハンク氏は無事に人生のターニングポイントを乗り越えることができました。
めでたしめでたし。

その後、車内でゆどmixを流しながら第一地点の双葉S.A.へ。
ハンク氏がから揚げを買っているのを見て迷ったけど、量が少ないという事で結局腹持ちのよいアメリカンドッグを買うことに。
ていうか皆憑かれたようにアメリカンドッグを買ってるよ!
私が買おうと思ったら何と売り切れw
すぐに補充されましたが、売店のおじさんがから揚げ売れないと嘆いていたらしい。
べ、別に触発されて買ったわけじゃないんだからね!
でも美味かった。書いている今もアメリカンドッグ欲しいよ。ぐぅ。

そんなこんなで腹も満たし、出発。
ゆどmixの濃い選曲に首を傾げつつ梓川S.A.へ。
メープルタウンはうっすら記憶に残っているけど、エンディング曲までは覚えてなかったよ。
そしてクリィミーマミを皆で唄ったり。
やっぱり濃かった。
ていうかこの人にネタ以外の選曲を求めるのは無理だね。

梓川S.A.以降の記憶は曖昧。
何したっけ。とりあえず車から降りたことは確かなんだけど。
うーん、思い出せない。
きっとゆどmixを聴きながらぼーっとしていたんだろうな。
途中ハンク氏が船こいでたのにつられて自分もちょっと眠りかけた気が。

というわけで気が付いたら白馬に着きました(早っ!)。
いつもの店(FU○IYA)にて朝ごはん。
今年こそはホットケーキセットを頼むぞ!
とホットケーキセットの売れ行き絶好調。
後にめじろ氏いわく
「注文する度にチンする音が聴こえた」との事。
冷凍ダタノネ…

そんな事も露知らず(?)朝食を終えた一行は、一路ペンションクヌルプへ。
今年は雪が少なめだったけど雪がNEEEEEE!!なんてことはなかったですね。
どうやら雨女の力が弱まっていたようです。
例年通り「早すぎた客」のンガ氏とオーナーがお出迎えしてくれました。
ンガ氏は今回は「早すぎた客」どころか「唯一の客」だったとか。
何かもうペンションに溶け込んでましたね。
記帳とレンタルの手配を済ませた後、朝一番で滑る組と仮眠して午後から滑る組とペンションでまったり過ごす組に分かれることになったのですが、私は前日から風邪気味だったこともあり自重してまったり組に。

ペンションに荷物を置きコテージに向かうと既にまったり空間ができ上がっていました。
うーん、コテージでゆう兄がお出迎えしてくれると家庭に戻ったような気がするのはゆう兄が皆のお兄ちゃんだからでしょうか。
ゆう兄のマスカットティーを頂きながら各々持っていたDSを取り出し…
ってDS所持率高っ!
ゆう兄にGBA版FF5とFF6のやり込んだデータを見せてもらいましたが、レベルはもちろん、HP/MPもカンスト、全ジョブマスターしておりアイテムも持てるものは全部99個とこれ以上ないくらいやり込んでいましたわ。
自分もFF4好きだけどあそこまでやり込める自信はないなー…

とか思いつつマイDSの電源をON。
ここからは襲ってくる眠気に耐えながらただひたすらレッドラ狩りをしていた記憶しかありません。
最後のアラームがなくなったと同時に自分も終了。
コテージ組に断りを入れてペンションに戻りその後は吸い込まれるように眠りに落ちていったのでした。



ていうかアレだね。
1週間経っても3日分のレポを完成させた人が約2名しかいないって皆相当キてるね。
皆様、無理はなさいませぬよう…でも、レポ楽しみにしてます♪


にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
▲オタクブログ集結!押して下さると励みになります。

JUGEMテーマ:旅行
* 旅行 * 22:09 * comments(15) * trackbacks(3)

岡山・倉敷ぐるりん周遊の旅

と言っても、岡山は市内のごく一部だけで倉敷で回ったのは大原美術館で、しかも本館だけですが、そういう周遊きっぷを買ったもので。
JR往復新幹線の普通車指定席券+観光施設(15施設)入場券+JR・バス・観光船・路面電車乗り放題で32,000円というお得なきっぷです。
ホテルは同窓会の方で取ってくれたので、このきっぷを利用し期待に胸を膨らませて岡山へと出発しました。
続きを読む >>
* 旅行 * 04:20 * comments(0) * trackbacks(1)

北海道旅行三日目。

さて、最終日の本日は11時にチェックアウトだったのでそれまでにゆっくり朝食を摂ってから札幌市内を回り、お土産を買って新千歳空港を発つ予定でした。
が、前日によく眠れるように飲んだつもりの睡眠薬がちゃんと効かなかったせいで引きずり、前日と同じく日中ずっとひどい眠気に見舞われながらの行楽となりました。

朝食を済ませてチェックアウトをした後時計台へ行き記念撮影をし、中を見学してから1日目に時間で行けなかった「雪印パーラーさっぽろ赤レンガカフェ」でいちご練乳パフェを食べました。
うーん、朝昼晩と三食きっちり食べている上におやつまで食べている…
履いているパンツが心なしかキツくなっているのに気付きながらも完食しました。

その後、札幌駅エスタ内のらーめん共和国に行き、「白樺山荘」にて伝説のみそラーメンなるものを食べました。
デザートを先に食べてラーメン食べてるよ…
ここのラーメンは固めの麺にチャーシューや卵といった定番の具が入っていない代わりに、豚肉の角切りやきくらげなどが入っている個性的なラーメンでした。スープはピリ辛でコクがある。
伝説のみそラーメンこれは食べかけです。思いっきり食べかけです…!汗
食べるのに夢中でいつも最初に撮るのを忘れてしまうんですよ。


その後エスタ内でお土産を物色し、六花亭でいちごチョコを購入したり、水産物を購入したりして買い物を済ませた後、新千歳空港へ。
ここから羽田に到着するまでは移動中はもちろんの事、待ち時間の間まで睡魔の総攻撃にあいもうずっと寝っぱなしでした。
母には「食っちゃ寝して本能のまま動いている」と言われてしまいましたがまさにそんな感じで。
私は北海道に食い倒れにきたのか?と言われても仕方ない。
まあ、北海道旅行の楽しみの一つと言えば食べ物だと思うからそれもアリですけど。
時期的に今しかなかったから仕方ないですが、ラベンダー等の花々で彩られる富良野・美瑛も見てみたかったです。
それはまた次の機会という事で。
今回は基本的に天気に恵まれていて平日だったので何処も混み合うこともなくスムーズに回れたのがよかったと思います。
とりあえず、次回は睡眠薬で失敗することがないよう気を付けます。
* 旅行 * 22:33 * comments(0) * trackbacks(0)

北海道旅行二日目。

こちらは今日もいい天気。今日は旭山動物園からラベンダーヒルズ、美瑛・北西の丘、ファーム富田へと行って来ました。

ホッキョクグマ

旭山動物園は平日だったので空いていて2時間半かけてゆっくり一周できました。
ホッキョクグマもペンギンも見てきましたよー。
ここのいいところは園内の行動展示で動物達を身近に見れるという点だと思いますが、夜行性なのもありネコ科の猛獣は寝ていましたし、他も暑かったのか基本的に皆だるそうでした。笑
水中トンネルでペンギンが空を飛ぶように泳いでいるところや円柱水槽のアザラシの写真も撮ったのですが、タイミングが掴めずなかなかいいショットを撮るのは難しかったです。

その後はラベンダーヒルズにて昼食。
それから美瑛に向けて出発しました。
移動中のバスでは、最前列に座っていたにも関わらず爆睡してしまいガイドさんの説明すらロクに聞いていませんでした。
隣にいる母に肘でつつかれたりして起きたりまた眠ったり。

やがて美瑛・北西の丘に到着。
バスから下りてピラミッド型の展望台から丘を一望するとそこには……
北西の丘うん、見事に何もない。


春なら菜の花で、夏にはラベンダーで、秋の収穫期にはじゃがいもの花で彩られるのでしょうけど、そこはただ一面の緑でした。
それはそれでここでしか見られない景色なんですけどね。
阿部俊一のギャラリーでポストカードを買って終了。

続いてファーム富田へ。
ラベンダーの見頃は7月中旬なので、ここもチューリップと何とかという花くらいしか見られませんでしたが、温室で咲いているラベンダーを見ることもできました。
ラベンダー

ここに移動した頃には曇り空で、ラベンダーソフトクリームを食べてラベンダーティーを飲んでいる頃には雷が鳴り、ぽつぽつ雨が降りだしたりしたので、香水の舎にてルームフレグランスを購入して早々と引き上げました。

帰りのバスの移動中もする事もなく半分くらい眠っていたのですが、その間に滝のような雨が降ったと思えば車窓からきれいな夕日が見えたりとなかなかすごい天気でした。
でも、ホテルのある新札幌に着いたころには地面は乾いており雨が降ったような形跡もなく濡れるようなことも全くなく到着しました。

今日の夕食もバイキングでしたが、昨日の事から学んでパンやデザートを控えめにしてみました。
その代わり、食べた蟹の脚5本くらい。
結局蟹で満腹になりました。バイキングって恐ろしい。

明日はお土産を買ってラーメンを食べて帰る予定です。
何だかあっという間なのは私が寝ていたからでしょうか。
今のところ胃に異状もありませんし、明日も余力があればレポします。
* 旅行 * 23:29 * comments(0) * trackbacks(0)

札幌より。北海道旅行一日目。

今日から北海道旅行!というわけで11時羽田発の便にて発ちました。
東京は雨が降っていましたが札幌は晴れていました。
かなり強力な雨女の私として驚くべき現象です。
その後新千歳空港の郷土料理の店にて昼食。

クラーク博士胸像

それからは北大を巡りクラーク博士と会い、赤レンガ庁舎を見てから札幌駅にて「よつ葉乳業」直営の「ホワイトコージよつ葉」でパフェを食べました。
さらりと書いてますが入り口や場所が判らずマップを手にかなり歩き回り、やっと辿り着いた場所は既に閉まっていたりと結構右往左往しました。
雪もないこの時期だと同じ札幌でも何だか北海道に来たという実感が湧かなかったりします。
でも空気がやっぱり東京と違って澄んでいる感じがしますね。

すっかり歩き疲れ、消耗したせいもあってか夕食のホテルのバイキングでパンを5個くらい食べ蟹を三本とローストビーフ三切れを食べた上、デザートにグレープフルーツ二切れにティラミスにガトーショコラと啓子ちゃん並みに食べてしまいました。
ヤバい、太る…!というかまた胃腸炎になる!

明日はツアーで富良野・美瑛から旭山動物園まで行って来る予定です。
私が無事でまた余裕があったらレポします。
* 旅行 * 22:09 * comments(2) * trackbacks(0)
このページの先頭へ